Pocket

アロマを活用する事は、妊娠中でもおすすめです☆

。。。しかし!!妊娠中には、

アロマの種類に気をつけなければならないのはご存知ですか??

妊娠中には禁忌のアロマオイルは要チェックしておきましょう!!

 

妊娠中には禁忌のアロマオイルとは??

 

妊娠中は気をつけない事が意外と多いですよね。

お薬だったり、食べ物だったり、運動だったり。。。

 

そんな中の1つにアロマが含まれているのは、

皆さんご存知でしたか??

 

しかし、アロマとは言っても、

全てがダメになるわけではないんです。

 

今回はそんな妊娠中には禁忌のアロマのお話です。

 

 

 

 

妊娠中のアロマはおすすめ☆

前回、妊娠中におすすめのアロマについて、

効能・効果・種類別に紹介しました☆

⇒《詳しくはコチラ☆》   

アロマオイルの香りに包まれると、心身ともにリラックスできて、

穏やかで優しい気持ちになれますよね☆

そんなアロマ好きな女性も多いはず。

 

ストレスでイライラしがちなマタニティライフにも、

アロマを取り入れれるといいですよね☆

 

ですが。。。

妊娠中にアロマを楽しむには注意すべき点がいくつかあります!!

今回はそれをご紹介します。

 

 

 

 

妊娠中に禁忌のアロマがあるって本当?

 

まず、アロマの楽しみ方の基本は。。。

・オイルを焚く

・お風呂にお好みの量を落とす

・ボディマッサージに使う

などです。

 

しかし、妊娠初期はオイルを直接肌につけるのは控えて、

香りだけを楽しむようにしましょう!!

 

アロマには月経を促す通経作用をもつものがあり、

妊娠初期の肌には刺激が強すぎる可能性があるからなんです。

 

芳香浴であれば、

通経作用があるアロマでも問題はありませんので、

ご安心を☆

 

 

 

 

妊娠中に禁忌のアロマ一覧

では次に、そんな妊娠中に使うと危険な通経作用がある、

ホルモンの分泌を促す作用があるような、

アロマオイル一覧をご紹介していきます。

 

・カモミール

・サイプレス

・セージ

・ジャスミン

・ジュニパー

・ゼラニウム

・ペパーミント

・マジョラム

・ミルラ

・メリッサ

・ヤロウ

・ラベンダー

・ローズ

・ローズマリー

 

主な禁忌アロマは上記のものです。

上記は一般的に、

妊婦さんは使わないほうがよいと言われているアロマオイルです。

 

他にも禁忌とされているアロマがあるので、

わからないアロマオイルについては妊娠中は特に、

避けたほうがいいでしょう。

 

効果がわかっていないものは、

必ず、専門家の判断を仰いでください。

 

しかし、すでに妊娠中に上記のアロマオイルを使ってしまったという方も、

すぐに体や赤ちゃんに何らかの大きな影響が出る!!

というわけではありませんので、安心してくださいね☆

 

 

 

 

妊娠中に禁忌のアロマを使うとどうなるの??

スクリーンショット 2015-06-17 12.12.40

ではなぜ、上記のアロマが禁忌とされているのか。。。??

それは、通経作用や皮膚刺激という作用が少し入っているからなんです。

 

妊娠をしていない身体であれば、

通経作用は、生理不順にならずいい事なのですが。。。

妊娠中はもちろんだめですよね。

 

皮膚刺激については、

妊娠していない身体の状態だったら、

その成分が特に肌についても問題ないのですが、

なんでも敏感な妊娠中だと、ちょっとヒリヒリすることもあるのです。

 

アロマオイルを直接肌に使用する場合は、

上記様な作用があるため、

体に影響を及ぼす可能性があるので、

妊娠中は特に気をつけた方がいいでしょう。

 

しかし、妊娠中におすすめのアロマも沢山あるので、

妊娠中は上手にアロマと付き合っていくのが良いですね☆

 

 

 

 

 

Pocket