Pocket

さて、『妊娠しやすい身体つくり』について特集していますが。。。

今回は、検査について!!

妊娠しやすい身体つくりをする為には、

検査で自分の身体の状態を知っておく事が重要かも?!

【妊娠しやすい身体つくり】検査でチェック!!

スクリーンショット 2016-01-10 9.59.42

妊活中の女子にとっては、自分が妊娠しやすいのか、

はたまた妊娠しにくいのか。。。気になる部分ではありますよね。

 

更に、もし妊娠しにくかったとしたら、

どうしたら妊娠しやすくなるのか??

知っておきたいところ。

 

今回は、そんな妊娠したいと強く願う女子に向けた、

医学的なお話です☆

 

 

 

 

 

妊娠しやすい身体かの検査とは??

自分自身でセルフチェックは出来たとしても、

やっぱりお医者さんじゃないし、なんとなく不安!!

やっぱり見てもらうなら、ちゃんとした検査を受けてみたい!!

そんな方には、婦人科で定期的にチェックしてもらうことをお勧めします☆

 

内診に抵抗がある人が多いかと思います。

しかし、自分の体のことを分かるチャンスでもありますし、

リラックスして内診に臨みましょう。

 

どうしても不安な人は、

1度行く前に問い合わせしておくといいかもしれませんね☆

 

 

 

 

 

病院でどんな検査をするの??

スクリーンショット 2016-01-10 10.02.53

 

検査は、その病院によって様々かも知れませんが、

基本的には、問診に始まり、子宮内膜の組織検査、

超音波検査などを行っていきます。

 

特に問診では、

■基礎体温(1カ月から3カ月分くらい)や、

■最近の生理の状況

■体重の変化

■生活の変化

など、聞かれることがあると思います。

ですので、事前に準備しておくとスムーズに健診が進みます☆

 

近年の女性は過度なダイエットやストレスのせいで、

生理が来なかったり、体が冷え切ったりしているので、

上記の変化には注意が必要ですね。

 

 

 

 

 

妊娠しにくいと診断された時の対処法

もしも、自分の生理がちゃんと来ていなかったら、

FSH・LH・プロラクチンなどのホルモン検査や、

前胞状卵胞数の計測(超音波エコー検査)などの検査をします。

 

生理をちゃんと来るようにするために、

生活改善の指示を受けたり、漢方薬の処方や、

排卵誘発剤の処方なんかもあります。

 

また、排卵期に行う、フーナーテストや、

排卵診断薬検査(尿検査)、

卵胞計測・子宮内膜厚の計測、子宮頚管粘液検査などで、

きちんと排卵されているか、卵の大きさは正常か。。。

なども確認してくれます。

 

ここまでしっかりやってくれると、信頼できますよね!!

先生方も、きちんと話を聞いてくれますし、

妊娠に対して何か不安があったり疑問がある場合は、

全部話してみるといいでしょう☆

 

 

 

 

Pocket