Pocket

様々な効能が期待出来る『漢方』。もちろん不妊症の治療にも用いられる事があります。

そんな不妊症に効果のある漢方の種類や効能。

漢方服用のメリット&デメリットをまとめてみました。

不妊症に用いられる漢方のあれこれ

不妊治療には検査や薬のほかにも、漢方薬と言う選択肢もあります。

薬や処置とは違って即効性はありませんが、より体に負担も少なく、ゆっくりと効果が出てくるため、

『自分の力で妊娠しやすくなる』と言うことも考えられます。

 

さて。そんな漢方薬。

不妊症にどんな効果があるのでしょうか??

そして、体に負担は本当にないのでしょうか??

 

不妊症に用いられる漢方一覧

83g83b83v83y815B83W97p20Tr2

実際に、不妊症の治療で用いられる事の多い漢方を紹介します。

病院で相談してみるのもいいですが、漢方専門の薬局もあるので、漢方の知識が豊富な方に相談するのもアリです!!

 

参茸補血丸(さんじょうほけつがん)

血色不良や疲労、貧血改善に効果があります。

 

冠元顆粒(かんげんかりゅう)・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

血の濁りを改善し、良い血が体内に流れるようにして、

良質の卵子をたくさん作りつつ、子宮をしっかり温めます。

 

逍遙丸(しょうようがん)・加味逍遥散(かみしょうようさん)

気のめぐりを改善すると、血を作る原料の質が高まって体の隅々まで栄養が行きわたります。

 

婦宝当帰膠(ふようとうきこう)

【頭痛・貧血・めまい・のぼせ・耳鳴り・生理不順・生理痛・冷え症】

などの様々な症状を改善できる漢方薬です。

 

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

【疲労回復・冷え性改善・貧血改善・生理不順の改善・生理痛の改善・不妊症・更年期障害】

などの症状の緩和に用いられます。

 

温経湯(うんけいとう)

【生理不順改善・更年期障害改善・頭痛・冷え性】などの改善にも効果があるとされる一方で、

主婦湿疹ともいわれるひどい手荒れである【指掌角皮症】にも効果があるとされています。

 

 

 

不妊症に漢方は本当に効果がある??

不妊につながる抜本的な原因が「体の不調」であれば、漢方薬は存分に効果を発揮してくれます。

しかし、漢方は薬とは違い即効性がなく、じわじわと症状を改善していくものですので、

すぐに妊娠したい人にとっては不向きかもしれません。

薬なんかより安全性が高く、薬局で買うことができますが、自分の症状を見極めてからの購入がベストなので、

医師の処方を受け、処方してもらうようにしましょう。

 

 

漢方のメリット&デメリット

漢方のメリット

まずはメリット。

漢方が最も重視しているのは 「体づくり」です。

より健康な「体づくり」がスムーズに行なわれることにより、自然妊娠の確率を高めます。

また薬とは違い副作用の心配もほとんどありません。

 

漢方のデメリット

しかし、そんな漢方にもデメリットがあります。

それは効果効能が遅いこと!!

『妊活でタイムリミットが近いの!!』なんて人には不向きかもしれません。

 

Pocket