Pocket

最近は結婚前にブライダルチェックをする方は増えている様です。

ブライダルチェックがなぜ必要なのか??結婚前に絶対にするべきなのか??

今回はブライダルチェックの内容や必要性を紹介します。

不妊検査ブライダルチェックは受けるべき??

ブライダルチェック

 

ブライダルチェックって何??結婚式の何か??

『名前は聞いたことあるけど、詳しくは知らない。。。』なんて方も多いのでは?!

ブライダルチェックとっても重要な事なので、詳しく知っておいて損はありません。

 

 

結婚前のブライダルチェックとは??

一般的にブライダルチェックとは、結婚を控えている人がするものを言いますが、もちろん結婚してからでも受けることができます。

これから妊娠・出産するにあたって、体に婦人科的な異常がないかどうかを調べる検査の事を指します。

このブライダルチェックでは主に。。。

■貧血や肝機能・腎機能・感染症を調べるための血液検査

■子宮がん検診

■尿検査

■子宮や卵巣の超音波検査

などを行い、今の状態で妊娠がきちんとできるのかどうか確認できるわけです。

また、クラミジアや風疹抗体の検査をしてくれるところもあるようです。

 

これらは、主に「妊娠した時に困ることはないか」を調べるもので、「妊娠しない原因がどこにあるか」を調べるものではありません。

ここが不妊治療とちょっと違うところです。

 

 

ブライダルチェックはどれくらいの人が受けている??

20代から30代の女性にアンケートを行ったところ、

「結婚が決まったことを機にブライダルチェックを受けたい」との回答が全体のおよそ80%に上るほど、今では人気の検査なんです!!

これは女性の不妊や、社会進出が増えたことが大きく関わっている結果だと思います。

 

 

男性もブライダルチェックで不妊検査を受ける??

lgi01a201310170900

 

不妊がまだまだ女性だけの悩みだという認識が強いためか、男性のブライダルチェックに対する意識も低いのが現状。

しかし、近頃は男性がブライダルチェックを受けるケースも増えてきました。

不妊に悩むカップルが増えていますので、結婚前にできるだけ不安やリスクは取り除いておきたいですよね。

男性も女性が受ける検査内容にプラスして、精子の精密検査を受けることができます。

 

 

ブライダルチェックの必要性

女性の社会進出やストレス・ダイエットの流行に伴い、不妊で悩むカップルが多くなっていているのが現状です。

もちろん不妊にならないのが1番いいのですが、何年もチャレンジしているのに、なかなか子宝に恵まれず、

気が付いたら30代も後半になっていた。。。なんてこともあり得ますよね。

 

そうならないためにも早目にブライダルチェックを受け、

何か問題があれば早期から治療を始めることで、妊娠する確率がぐっと上がります。

ぜひともこれから結婚、妊娠を考えている皆さんには受けていただきたいチェックです。

 

Pocket