Pocket

女性の不妊症と同じく、男性の不妊症も他人事ではないくらい、実は多いんです。

そして、そんな男性の不妊症の原因は女性とはちょっと違います。

どちらにしても、早めに気づいて早めに治療を始める事が重要!!

今回は、決して他人事ではない『男性の不妊症』について紹介します。

男性の不妊症について。

今や男性不妊も珍しいものではなくなってきました。

不妊の原因の半分は男性側にあるということが、男性にも理解されてきたからです。

とはいえ、女性でも産婦人科に行くのをためらうくらいです。

男性も不妊治療で病院やクリニックを受診するのは、かなり勇気がいることでしょう。。。

 

さて、今回はそんな不妊で悩む男性の皆さんのためのお話です。

今や他人事ではない男性不妊!!

あなたならどうやって解決しますか??

この記事を読んで、少しでもあなたの不妊のお悩みが解決されれば嬉しいです。

それでは行ってみましょう!!

 

 

男性の不妊症は増えている?!

%e7%94%b7%e6%80%a7%e3%80%80%e4%b8%8d%e5%a6%8a%e2%91%a1

少し前までは、不妊症は女性だけのもの、という意識の強い時代もありました。

しかし最近では、不妊症治療に取り組む夫婦が増えたことで、不妊の原因は男性にもあるという認識が高まってきました。

それは、とても嬉しいことです。

やはり、妊娠はどちらか1人の努力だけでは出来ないものですからね!!

 

しかし、その裏では年々男性側の不妊が増えてきているんだとか。。。

これは男性側の不妊の認識が高まったせいもありますが、男性の日々のストレスや生活習慣なんかも、原因視されているんです。

 

 

男性の不妊症の症状とは??

%e7%94%b7%e6%80%a7%e3%80%80%e4%b8%8d%e5%a6%8a%e2%91%a3

男性不妊には、大きく分けて、4つのタイプがあります。

どのタイプの不妊症かによって、治療方法も大きく変わってきますので、まずはその4種類を詳しく紹介します。

 

①造精機能障害

まずは1つ目、造精機能障害についてです。

造精機能障害とは、精子をつくる機能が低いもしく全く無い状態をいいます。

男性不妊全体の80%〜90%がこれに該当するとされています。

つまり、不妊に悩む男性のほとんどの症状がこれに当たるわけです。

 

精液の中に精子があるけれど、その数がとても少ないことが多いので、タイミング法などを行って様子を見ます。

しかし、その数が極端に少ない場合は、

  • 人工授精
  • 体外受精
  • 顕微授精

などの不妊治療を行っていきます。

 

 

②性機能障害

2つ目は、性機能障害についてです。

何らかの原因によって性行為もしくは射精ができない人のこと、精液を送ることができない生態をお持ちの方を、性機能障害と呼びます。

治療薬としてバイアグラや漢方薬を使用することが多いみたいです。

 

 

③精路通過障害

3つ目は、精路通過障害です。

精巣で作られた精子を、尿道まで持っていけない状態を言います。

多くの場合は無精子症になりますが、手術を行うことによって回復するケースもあります。

 

 

④内性器(副性器)の炎症

最後に、内性器(副性器)の炎症についてです。

精巣以外の副性器の機能不全が原因で、炎症してしまうことが多いとされています。

細菌などの感染によって、副性器の部分が腫れ上がったり、高熱が出たりします。

しかも細菌感染は性行為だけでなく、尿の刺激や外傷によって引き起こされる場合もあるので要注意です。

 

しかし、感染や炎症が軽ければ、治療によってすぐに改善する場合がほとんどですので、そこまで心配はいりません。

 

 

男性不妊症の原因は??

%e7%94%b7%e6%80%a7%e3%80%80%e4%b8%8d%e5%a6%8a%e2%91%a2

上記に書いたように、原因はその人それぞれで一概にこれが原因とは言えないのが現状です。

その原因がストレスからくるのか、生活習慣から来るのか、事実どんなに検査をしても分からないような、原因不明の不妊だってあるのが事実です。

先天性のものだったり、後天性のものだったり色々ありますが、造精機能障害などの性器に問題がある場合、外科的治療でよくなったという報告をよく耳にします。

 

この他にも、精子の通る管が何らかの原因で塞がれている場合は、その患部を切除し、繋ぎ直すこともできます。

この場合、自然妊娠できる確率は90%以上に回復するそうです。

 

不妊治療すれば治るもの??

%e7%94%b7%e6%80%a7%e3%80%80%e4%b8%8d%e5%a6%8a

上記以外の、精子無力症の場合には、精子の質を改善するビタミンの摂取や、漢方薬を使った治療などで、効果を発揮するようです。

しかし、そんな中でも精子無力症の場合は決定的な治療法がないため、今現在の医療技術では、確実に妊娠を望む時には、人工授精や体外受精を進める病院が多いというのも事実です。

 

EDの治療では、リラックスできる環境を作ることや、バイアグラや漢方薬などを使用することで、高い妊娠効果を発揮しているんです。

しかし、EDの場合は、糖尿病などが原因となることもあるそうなので、健康診断もしっかりと受けておくことが大切ですね!!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか??

今回は特に男性の皆さんに読んでいただきたく、書いた記事です。

男性不妊の認識が高くなってきたとはいえ、その治療に本気を出す男性の皆さんはどのくらいいるのでしょうか。

 

女性と同じく、男性不妊は恥ずかしいことではありません!!

まずは病院やクリニックなどに勇気を出して行ってみる事をお勧めします。

 

ダイエットと同じで、自分の今の体の現状をきちんと把握するところから、治療は始まっていくと思います。

どうか妊娠を諦めないで頂きたい、そう思います。

 

Pocket