Pocket

2016年に発表されている不妊症の割合や、そんな不妊症の原因とされている事。

様々な情報がありますので、少しまとめて見たいと思います。

不妊症の割合や原因を知る事も妊活の第一歩ですね!!

2016*不妊症についての情報あれこれ

不妊症と言う言葉が、世の中に認知され始めてかなりの時間が経ちました。

医療の進歩の甲斐あってか、不妊の原因の特定や、その治療法など様々なものが発見されてきました。

なんとなく、私達の身近なものになってきた『不妊症』。

 

一体、どのくらいの人がこれに悩んでいるのでしょう??

そして、自分は大丈夫なのか??

どうしたら不妊症を防げるのか??

そんな気になる情報をまとめて紹介します。

 

 

不妊症の割合はどれくらい??

23aa84dfa626a1c581768ed35bbc0a3e_s

不妊症とは??

まずは、不妊症の定義についてのおさらいをしていきましょう!!

不妊症とは「定期的な性生活を送り、とくに避妊などをしていないにもかかわらず、2年以上妊娠しない場合」を指します。

もちろん、これは健康な男女の場合を指し、何か病気を持っていたりすると、この定義には当てまりません。

 

割合は増加傾向

「子どもを持ちたい」と思いつつ、なかなか妊娠しないカップルは、今や10組に1組とも、5組に1組とも言われています。

なかなか安定した数値が出ていませんが、この数が年々増加しているのも事実です。

 

「妊娠しやすさ」は、女性の年齢により大きく変化します。

一般にもっとも女性が妊娠しやすい年齢は、20歳前後とかなり若い数値が出ています。

晩婚化が進む現代では、20歳前後の妊娠はかなり難しいのではないでしょうか。。。??

 

年齢が上がり、30歳台も後半になってくると、年ごとに妊娠し難くなります。

それは卵子も年齢と一緒に歳をとってしまうのが原因。

これはどうしても避けようがありません。

 

40代ともなると、妊娠できる確率は数パーセントしかないとも言われているんです。

なので。「子どもをもちたい」と思ってもなかなか妊娠しないカップル、つまり『不妊症』の人は、年齢が上がると共にその割合が増加します。

 

日本は不妊症が多い?!

そんな中、不妊率を世界と比べてみると、時代や国によってバラツキはあるものの、世界の不妊症の比率の平均は約9%。

調査の詳細が示されていないので一概にはいえませんが、これに比べると日本は16%という数字が出ています。

これはかなり高い数値だと言えます。

 

 

不妊症の原因とは??

女性の不妊症

takebe_akaiitogirl2_tp_v

まず、不妊の原因が女性に合った場合です。

女性の不妊症の原因には。。。

  • 排卵因子(排卵障害)
  • 卵管因子(閉塞、狭窄、癒着)
  • 子宮因子(子宮筋腫、子宮内膜ポリープ、先天奇形)
  • 頸管因子(子宮頸管炎、子宮頸管からの粘液分泌異常など)
  • 免疫因子(抗精子抗体など)

などがあります。

 

このうち排卵因子・卵管因子に男性不因子を加えた3つは頻度がかなり高く、不妊症の3大原因と言われている、不妊症の中ではかなり有名なものです。

 

男性の不妊症

tsuyoshi-4_tp_v

次に、男性側に原因があった場合です。

男性の不妊症の原因は。。。

  • 射精がうまくいかない場合(性機能障害)
  • 射精される精液の中の精子の数や運動率が悪くなっている場合(精液性状低下)

に分けられます。

後者は軽度・中等度のものと、高度および無精子症というものに分類されます。

 

この他にも、あらゆる検査をしたが原因が分からないという、原因不明の不妊症も存在します。

 

 

不妊症にならないためにはどうすればいいの??

ev185143024_tp_v

いざ赤ちゃんが欲しいと思った時、不妊症にならないためにはどうしたらいいのでしょうか。

私たちに出来るのは、日ごろの生活習慣の見直しです!!

 

《体重を適正に保つこと》

太り過ぎも痩せすぎも、妊娠率を下げてしまう原因です。

食生活や適度な運動で、適正体重を保つのは重要です。

 

《偏食をしない》

好きな物ばかり食べがち。。。なんて事は誰でもあると思います。

しかし、なるべくバランスのいい食事で、バランスよく栄養素を摂れるように心がけましょう。

 

《喫煙を避ける》

ご自身での喫煙も、副流煙も、妊娠希望であればもってのほか!!

喫煙歴がある方の不妊症が多いのも事実です。

 

《基礎体温を測る》

婦人科を受診する時、基礎体温を記録してあると診断がスムーズです。

妊活では基本中の基本ですし、自分の体の事を知るためにはとっても重要です。

 

《薄着を避ける》

冷えには十分気をつけましょう。

冷えは妊娠の大敵です!!

エアコンなどで冷えてしまうのは避けたいですね。

 

《ダイエットなどによる急激な体重の変化を避ける》

無理なダイエットや、運動をしないで食事制限のみのダイエットは、ホルモンバランスの乱れやお肌のあれも引き起こします。

もちろんホルモンバランスの乱れは不妊につながるので、気を付けましょう!!

 

《不特定多数や多数のパ−トナーと性的な関係を持たない》

当たり前の事ですが。。。特定のパートナーと将来を考えましょう。

 

《酒量は控えめにする》

少量なら体に良いと言われていますが、大量に飲むのは厳禁!!

適度に楽しむのが理想的です。

 

《性病にかからないようにする》

性病が原因で不妊になる方も多くいらっしゃいます。

予防のためにも、妊娠するつもりがない場合は必ずコンドームで避妊しましょう!!

 

《婦人科を定期的に受診する》

病気の早期発見が期待できます。

早期発見できれば、不妊症も改善する可能性が高まりますので、定期的に検診を受けるのがオススメです。

 

《睡眠時間は十分とる》

きちんとした時間に睡眠をとり、生活リズムを整えましょう。

不規則な生活は、ホルモンバランスが崩れ不妊症の原因になります!!

 

《ストレスや過労を避ける 》

ストレスは妊活の大敵と言われています。

ストレスを溜めない事は不可能かもしれませんが、発散方法は作っておきましょう。

 

《子宮頸がん検診や乳がんの検診を受ける》

女性なら決して他人事ではありません。

常に健康でいられるように努力しましょう。

 

《適度な運動をする》

ストレス発散になったり、血流がよくなったり、適度な運動は良い事だらけです。

なかなか運動する時間がない方が多いと思いますが、ウォーキングやヨガなどオススメです。

 

《ストレス解消方法を見つける》

映画や、カラオケ、読書なんかもいいですね。

自分なりのストレス発散方法を持っておきましょう。

 

 

筆者のひとりごと

今の時代、有難いことにコンビニで何時でも何でも買えまる時代です。

しかし、そんな添加物の入った食品ばかり摂るのは、不妊症の原因だけでなく、他の病気にもなりかねません!!

忙しい現代人。

手を抜くところも必要ですが、食生活や生活週間は一番に見直したいところですね!!

 

同じく、必ずと言っていいほど皆さんが抱えている『ストレス』。

働く女性ならなおさら、ストレスを溜めない事なんて不可能かもしれません。。。

自分なりに、少しでも発散できる方法を見つけておく事がオススメです。

 

Pocket