Pocket

 

妊活前に半年間も生理が止まってしまった私。。。

やっと病院を受診し、本格的に妊活&不妊治療をはじめました。

今回は私が行った、漢方治療・排卵誘発剤。タイミング法のお話です。

初診察、内診の様子。

a3528e0b42bfca3e3aba6ba98479c8d3_s

かなりドキドキしながら診察室に入りました。

私の緊張とは裏腹に、マイペースな上の子は元気に先生に持っていたおもちゃを自慢していました。

ユミユミ

う、羨ましい奴め。。。w

 

更に拍子抜けだったのは、先生です!!

インターネットの口コミでは《好き嫌いの分かれるサバサバした女医さん》なんて書かれていたのに。。。

目の前にいるのは男の先生!!

ユミユミ

え、男子禁制の産婦人科じゃなかったの。。。??w

しかし、温厚そうな先生。

実際に話してみても、すごく優しくて丁寧。

『この先生でよかったなぁー』なんて思ってしまいました。

 

まずは、

  • 名前の確認
  • 生理が来なくなった月
  • 生活リズム
  • お酒やたばこ

など簡単な質問の後、いざ内診へ!!

 

私はこの内診があまり得意ではありません。

と、言うかこれが好きな人とかいないですよね。。。w

もうね、この歳ですけど、これだけは本当苦手!!

きっと一生苦手なままだと思います。

 

しかし、嫌々ながら診察台に上り、お決まりのポーズ。。。

先生がいらして、モニターを見てくれました。

 

すると、不意にカーテンが空き、

『あ、ここのモニター見てくれるかな?わかる?ここが卵巣でね、ちょっと厚くなってるんだよね。厚いのはいいんだけど、厚すぎるのはね。。。』

なんて説明をしてくれました。

それにしてもいきなり空けるのね、あなた。w

 

内診が終わり、またさっきの部屋に戻ります。

その間上の子は看護師さんと、何やら楽しそうにおしゃべりしていました。

看護師さん、相手してくれてありがとうございます。。。!!

 

内診結果

b24ad6f6e521b030d26cf6bc127c9096_s

『結論から言うと。。。子宮内膜が厚くなりすぎて、排卵しにくい状態にあるね。どうしようか?まだ年齢も若いし、薬で治療って手もあるけど、最初かは漢方薬を試してみる?』

とは言え『もう私34歳なんですけど。。。w』と内心思いましたが、まだ若いと言われたのがうれしくて。w

漢方薬を試すことにしました!!

 

処方された漢方薬

988749217065159f9762fc346e60d832_s

この時処方されたのが《桃核承令丸》という漢方。

何でも、子宮内膜を正常な厚さにしてくれるんだとか。。。

なんだか自分で子宮内膜が厚くなってるって感覚がないから、変な感じでした。

お腹が痛くなったりとか、自覚症状もありませんでしたからね。

 

《桃核承令丸》について調べて見ました*

桃核承気湯」は、漢方の代表的な駆オ血剤(オ血をとる薬方)です。日頃、丈夫で便秘がち、のぼせが強くて足腰が冷えるような人の場合に使用します。

瘀血とは微少血管の血流がわるくなって停滞することを言いますが、俗に“血の道”などとも言われ、婦人の生理異常、外傷や打撲、炎症、種々の原因によるうっ血などで起きるものです。

日本漢方の効能・・・比較的体力があり、のぼせて便秘しがちなものの次の諸症:腰痛、月経不順、月経困難症、月経時や産後の精神不安、便秘、高血圧の随伴症状(頭痛、めまい、肩こり)

(引用元:http://www.sm-sun.com/

 

先生には『これを飲み見終わった後、出血があると思います。それがおわったら、また来てください』と言われました。

ちなみに、何で男の先生なのか聞いたら。。。

毎週この曜日だけ男の先生が代わりに来ているとのことで、普段は女の先生だそうです。

うん、納得。w

 

心配していた上の子も、なんとかそこまでご迷惑をかけずに行って帰ってくることができました。

一緒にいつもより遅い晩御飯を食べ、私は漢方薬を飲み、その日は就寝しました。

 

とりあえず一週間漢方薬を試し、5日後くらいに出血がありました。

『あ、これが厚くなってた子宮内膜の部分なんだな』と感じました。

ユミユミ

なんだか久しぶりの生理&ナプキンにドキドキしたのを覚えています。

 

再度病院へ

118796

出血が5日で治まり、またまた上の子を連れて病院に行きました。

今度は違う曜日だったため、女医さんとの初対面!!

またもやドキドキしながら診察室に入ると、エレガントなミセスが、椅子に腰かけながらこちらを見ていました。

ユミユミ

あ、この人が噂の先生か!

ドキドキしながら椅子に座ると。。。

『こんにちは。Tさんね。早速診察台に上がってください』と、言われました。

確かにさばさばしてるなーと思いながら、診察台に上がって診てもらうと。。。

『子宮内膜は薄くなってるから大丈夫』との事でした!!

 

今回は薬などはなく、その後の様子をみるということでした。

『このまま自分の力で生理が来ればいいですね』なんて話をして。

しかし、その後生理が来ることはありませんでした。。。

 

またまた病院へ

再度病院を受診し、また同じ漢方薬を試してみることにしました。

ですが、今回は漢方の効果は出ず、生理は一向に来る気配がありませんでした。

そのまま時間だけが過ぎていくのは嫌だったので、またすぐに病院を受診しました。

 

漢方薬から排卵誘発剤へ

7b76ffe7dd14020d377557bf30bdd80a_s

『漢方薬はダメでしたか。じゃあお薬使ってみますか?結構使われてる方多いですよ。お子さん希望されていますもんね。お薬は心配ですか?』

これが先生の第一声でした。

この時知ったのですが、このようないわゆる不妊治療って、自由診療なんですよね。

やるのもやらないのも自由だし、その治療の内容も自分である程度決められる。

 

風邪や怪我の時と違って、先生が何でもやってくれるわけじゃないんだ。。。と初めて思いました。

まさに不妊治療、私の知らなかった世界でした。

 

確かに健康なのに、薬を飲むのには最初抵抗がありました。

だって飲まなくても生きていけるでしょ。。。??

でも漢方薬じゃ生理が来ないし、何より2人目は欲しいし。

『じゃあ、薬を試してみます。』

ユミユミ

これが私の答えでした。

 

排卵誘発剤での不妊治療へ

処方されたのは《セキソビッド》と言う排卵誘発剤で、誘発剤の中でも1番作用が軽く、副作用の心配もそこまでないものだと説明されました。

これを5日間飲んで、生理が来たらまた受診するように言われました。

 

確かにさばさばしていて、事務的な印象も受けますが。。。

説明は分かりやすく、質問にもきちんと答えてくれるので、いい先生だなぁーと感じました。

 

その後、先生の説明通り、服用してから約一週間で生理が来ました。

今回は生理3日目から5日目に病院に来るように言われていたので、生理が来てからすぐに病院に電話し、次回の予約を取りました。

 

これがタイミング法!!

eb046aa5d62e4124bf8554fdfcfd321d_s

病院に行くと、すぐに内診へ。

『次に排卵する卵も育っていて、おそらくこの日に排卵するから、この日とこの日に旦那さんと夫婦生活してください。』

と、言われました。

あっ、これが世に言うタイミング法ね!!

ユミユミ

こんなにハッキリ指導されるのね。。。!!

 

こうして私の誘発剤とタイミング法による、妊活生活がスタートしたのです!!

 

続きはまた次回。。。♪

 

*妊活中の方必見*

是非これは呼んで下さい(* ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

*妊活成功!!葉酸サプリは妊娠してから摂っても意味がない?!

 

 

Pocket