Pocket

 

卵管造影検査って聞きなれない言葉かもしれませんが、妊活や不妊治療を行なっていれば、知っている方も多いのではないでしょうか??

そんな卵管造影検査をした後。。。『妊娠しやすくなる!!』という噂が!!

検査の後に妊娠しやすくなる??仕組みがよく分からないかと思いますが、ちゃんとした理由があるんです♪

今回は、そんな卵管造影検査と妊娠確率アップの関係について紹介したいと思います!!

卵管造影検査後、妊娠しやすいのは本当?!

みなさん、卵管造影検査って聞いたことありますか??

この卵管造影検査後は妊娠しやすいといわれています!!

なぜ、卵管造影検査をするだけで妊娠する確率が上がるのか。。??

卵管造影検査について調べて見ました!!

 

卵管造影検査とは??

まずはじめに、卵管造影検査について一体どのような検査なのか簡単に紹介します♪

卵管造影検査とは。。。不妊となる原因を探す方法の一つです。

卵管の障害によって起こる不妊の原因を見つけ出すために行われる検査です。

 

子宮内に造影剤を注入後、レントゲンを使用し注入した造影剤の流れを確認します。

そうすることによって、卵管が正常通り通っているかや、子宮の形は正常か、腫瘍などの異物がないかなどを調べます。

方法としては。。。

  1. 子宮内にバルーンカテーテルを入れて膨らませる
  2. 子宮口から造影剤を注入する
  3. 造影剤の流れや子宮内での広がりをレントゲンで確認する

といった具合で検査を進めます。

 

卵管造影検査は痛い?!

この卵管造影検査、なんだか痛そうですよね。。。

実は、以前に私の友人が卵管造影検査を受けていて、その時期いた話を紹介しています!!

卵管造影検査の痛みについては、こちらの記事を参考にしてみて下さい♪

卵管検査を受けた友人が痛いと悶絶?!検査内容&タイミングや費用とは??

 

もし、痛いの怖いな。。。と不安に感じる方がいましたら、麻酔や鎮痛剤・鎮静剤などを使用し、痛みを緩和しながら検査ができるという病院もあります。

前もって検査を受ける病院に確認し、相談して見ましょう!!

 

卵管造影検査は、造影剤挿入直後と、24時間後の2回レントゲン撮影を行います。

最初のバルーンカテーテルを挿入し、レントゲン撮影するのに30分〜1時間程度かかりますが、翌日はレントゲン撮影のみなのでそんなに時間もかかりません。

ただの検査であって治療ではないのに、妊娠しやすくなるというのは何故なのでしょうか??

 

卵管造影検査で妊娠確率がアップする理由とは??

卵管造影検査自体はあくまで検査であり、治療ではありません。

しかし、検査によって造影剤が卵管を流れることで、卵管が癒着などで詰まっている場合、その詰まりが消え、妊娠する確率が高くなるといわれています。

なので、この卵管造影検査後の6ヶ月は、妊娠しやすいと言われております!!

 

特に最初の3ヶ月間は妊娠する確率が高いと言われているので、妊活中の方は検査後、タイミング法など積極的に試してみましょう!!

 

まとめ

卵管造影検査が不妊治療にもなるなんて、一石二鳥ですね!!

不妊の原因がわかるかもしれませんし、卵管造影検査を受けたことで、妊娠しやすい体になるかもしれません♪

実際に、卵管造影検査が直接的な原因で妊娠したのかはわかりませんが、検査後に妊娠したという声も多く聞きます!!

妊活中の方はぜひ一度受けてみてはいかがでしょうか??

 

妊活中ならこちらの記事も要チェック!!

*妊娠しやすいのは『生理前』or『生理後』本当はどっち??

*【妊活】高齢でも妊娠しやすい人に共通する特徴はコレだった!!

*【妊活 お茶】今話題の「妊活ハーブティー」がスゴい!!

 

Pocket