Pocket

 

妊活中の皆さま、『お昼はコンビニで済ませてしまう』という方も多いのではないでしょうか??

お手軽で便利なコンビニでの食事や食べ物。。。妊活中は避けた方がいいです!!

そんなコンビニでの食事がダメな理由と、コンビニで買うなら注意したい食べ物の選び方を紹介します*

妊活中のコンビニの食べ物&食事について

みなさんは普段コンビニで食べ物を買うことはありますか?

職場や家から近い距離にあって、24時間いつでも美味しいお弁当やお菓子が買えるコンビニ。

便利だからしょっちゅう利用するという人も多いのでは??

 

けれども妊活中の場合、コンビニの食べ物を食べるときは注意が必要だと知っていますか?

大切な赤ちゃんを迎えるために、注意が必要なものをしっかり知って妊活に安全な食事をしましょう!

 

コンビニでの食事ばかりだとどうなるの??

 

便利で美味しいコンビニの食事ですが、妊活中にコンビニで食事をすることはオススメできません!!

どうしてなのでしょうか??

 

コンビニで販売されている食事には、食品添加物が多く含まれています。

この食品添加物とは、食品が腐らないように長持ちさせたり、見栄えをよくしたりするために使われていますが。。。

人間の体に悪影響を及ぼすものもあります。

 

そして、コンビニの食事には私たちに必要な栄養があまり含まれていません。

お弁当を見てみても、野菜はほとんど含まれていなかったり、揚げ物が多かったりしますよね。

炭水化物はコンビニの食事でも十分に取ることが出来ますが、体に大切なビタミンやミネラルなどの栄養素が不足してしまいます。

 

ですから、コンビニの食事ばかりを食べていると、栄養失調状態になり、頭痛や吐き気、体のだるさなどの不調が出てくることがあります。

妊活中は栄養があって、体に良いものを食べることが必須です!!

コンビニの食事は妊活には不向きですよね。

 

コンビニの食事に使われている妊活に悪影響な成分とは??

先ほど挙げたように、コンビニの食事には長期的に摂取しない方がいい食品添加物が含まれていたり、大切な栄養分がほとんどなかったりするため妊活中にはオススメできない食事です。

さらに妊活に悪影響を及ぼす成分が含まれているものがあります!

 

《亜硝酸ナトリウム》

たとえば、サンドイッチに含まれているハムやソーセージはピンク色ですが、それには【亜硝酸ナトリウム】という発色を良くする添加物が使われています。

ですが、亜硝酸ナトリウムは毒性があり、発ガン性も報告されています。

少し食べただけでは問題ありませんが、長期的に摂取するのは避けたほうがいいでしょう。

 

《トランス脂肪酸》

トランス脂肪酸とは、植物性の油脂を加工する過程で発生する物質のことです。

コンビニの食事には、このトランス脂肪酸を含む食べ物が多くあるので、注意が必要です!

 

トランス脂肪酸が含まれている食べ物には。。。

  • バター
  • マーガリン
  • ショートニング
  • マヨネーズ

などがあり、またそれらを使用する食品(ケーキ・パン・ドーナツ・揚げ物)にも含まれています。

コンビニでこのようなものを良く買うという人は要注意です!

 

トランス脂肪酸を摂取する量が多いと、心臓病やがんのリスクを高め健康に悪いです。

さらに妊活面においては、染色体異常を起こしたり、ホルモンバランスを崩して不妊になるという報告もあるようです。

これは女性だけでなく男性にも同じ影響があります!

妊活中には夫婦で避けるべき成分と言えるでしょう。

 

《白砂糖》

またスイーツや菓子パンに含まれている白砂糖にも要注意!!

この白砂糖は、さとうきびから精製されて作られる甘味料。

しかし、栄養はほとんどなく、体を冷やす作用があります。

妊活中は体を温める温活が基本ですから、白砂糖も避けるようにしましょう。

 

コンビニで買う場合の食べ物の選び方

これだけ見ると『コンビニの食事を食べるのは怖い!』と思うかもしれませんが、それでもコンビニで食事を買わなくてはいけない場合もたくさんありますよね。

正しい知識で食事を選べばコンビニの食事は全て危険ということではありません。

妊活中にコンビニの食事で安全なものを選ぶポイントは、2つあります。

 

①原材料に近いものを選ぶ!

あなたがコンビニでいつも買う食事、原材料がすぐに分かりますか?

お弁当や揚げ物、パン。。。

どんな材料から出来ているか想像がすぐに出来ますか?

それが分からない場合は、その食事を選ぶのはやめましょう!

 

例えばヨーグルトは牛乳から、サラダは野菜を切ったもの、おにぎりはお米と梅干と海苔から出来ていますよね。

このように自分自身で原材料が安易に分かるものを選ぶことが大切です。

 

②原材料名をよく確認する!

パッケージの裏には、原材料に何が使われているか、カロリーや栄養分はどれくらいかということが表示されています。

その部分を日頃から確認するようにしましょう。

 

食品添加物は多くの種類がありますが、原材料名を見て、何なのかわからないものはほとんど食品添加物と思って良いです。

それが多ければ多いだけ添加物だらけなので、そのような食べ物は避けましょう!!

 

また、妊活に悪影響を及ぼすトランス脂肪酸を含んでいる食べ物は、原材料名欄に。。。

  • マーガリン
  • ホイップクリーム
  • ファットスプレッド
  • 食用油脂
  • 植物油脂
  • 精製加工油脂

といった記載がありますので、確認するようにし、出来るだけ避けるようにしましょう。

 

トランス脂肪酸が含まれていないものには、きちんと「トランス脂肪酸含有量は0gです」と記載されています。

もし、パンや揚げ物が食べたい場合はそういったものを選びましょう*

 

まとめ

いつでもどこにでもあって、便利で美味しいコンビニの食事ですが、栄養分も少なく、摂取しない方がいい成分があるため、妊活中には出来るだけ利用しない方が良いです。

けれども何もかもダメ!と言うわけではありません。

何が危険で何が安全かを知ることはとても重要ですから、危険な添加物や成分をしっかり覚えて、妊活に安全な食事を選べるようにしましょう!

このことは、妊活中だけでなく子育てにおいても、子供に安全な食事を食べさせるために役に立ちます♪

 

妊活中の食べ物についてはこちらも要チェック!!

*知らないと怖い!!妊活中はNGな食事・食べ物・飲み物まとめ

*《妊活のための食事》話題の妊活栄養素&レシピまとめ♪

*食べ物で妊娠力アップ!!妊娠したい女性が食べるべき物とは?

 

 

Pocket