Pocket

着床出血という言葉、一度は耳にしたことがありますよね。

着床出血って言っても、生理みたいだとか聞きますが、量が多かったり腹痛も伴うと、心配や不安になってしまいますよね。。。

今回は、そもそも着床出血とは、どのようにして起こるのか??

また、生理みたいに量や痛みなどが似ているのか??

詳しくご紹介していきます!!

着床出血の仕組み*生理と勘違いする人も??

着床出血とは、名前の通り着床時に出血することです。

仕組みについては、卵管で受精卵となった卵子と精神が細胞分裂をしながら、子宮へ移動していきます。

その後子宮内膜に着床する時、子宮内膜や血管などを傷つけてしまい、出血してしまいます。

 

しかし、着床する時、誰しもが起こるというわけではありません。

また、着床出血が起こる時期が、生理日やその付近であるため、生理と勘違いする人も多いです!!

 

着床出血について詳しくは、こちらの動画をご覧下さい*

 

 

着床出血は生理みたいな腹痛がある??

生理みたいな腹痛が着床出血の時もあるのでしょうか?

生理痛にも、軽い方から重い方まで腹痛の度合いに個人差があるように、着床出血時の腹痛にも個人差があります。

下腹部の鋭痛〜鈍痛まで痛みの種類も人によって変わって来ます。

もちろん腹痛を伴わない方もいます。

着床出血が起きたからといって、必ず腹痛を伴うとは限らないので、その点も生理みたいですよね。

 

生理みたいに量が多いこともある??

個人差はありますが、生理の出血って結構多かったりしますよね。

では着床出血はどうなのでしょうか?

 

着床出血にも生理と同じように個人差があります。

  • おりものに少量の血が混ざる程度
  • 生理の時のように出血が多い

と、人により出血量も様々です。

そのため、「着床出血だと、これくらい出血する」とは難しいです。

 

生理みたいに塊が出ることもある??

着床出血時は、腹痛にも出血量にも個人差があるということがわかりました。

最後は、血の塊が出るのかについてです!!

 

生理の時に出ることもある、レバーの様な血の塊。

これは、着床出血時にも出る可能性があります。

着床出血のほとんどは、鮮血または茶褐色から茶色の出血ですが、稀に塊もでることがあります。

しかしこれもまた個人差が生じて来ますので、あまり気にしすぎないほうがいいですね!!

 

まとめ

人間の身体は一人一人異なるので、個人差が生じてくるのは当たり前です!!

また、生理日に近い時期に出血されると、生理と勘違いしてしまいますよね。。。

でももしかしたら、それが着床の合図なのかもしれません。

なかなか自分で判断することは難しいですが『もしかしたら??』と思ったら、婦人科へ相談しに言ってみましょう*

 

【着床出血についてはこちらもチェック!!】

→着床出血の期間が1週間は長い?!どれくらいが平均なの??

→着床出血は生理みたいな色や匂いがするって本当??妊娠との見分け方*

→着床時期の過ごし方に気をつけること!!妊娠しやすい方法とは??

 

Pocket